ji-n no dengon: burakusabetsu no rekishi (Japanese Edition) por kamada hiroshi

ji-n no dengon: burakusabetsu no rekishi (Japanese Edition) por kamada hiroshi
Titulo del libro : ji-n no dengon: burakusabetsu no rekishi (Japanese Edition)
Fecha de lanzamiento : April 5, 2018
Autor : kamada hiroshi
Número de páginas : 98

Descargue o lea el libro de ji-n no dengon: burakusabetsu no rekishi (Japanese Edition) de kamada hiroshi en formato PDF y EPUB. Aquí puedes descargar cualquier libro en formato PDF o Epub gratis. Use el botón disponible en esta página para descargar o leer libros en línea.

kamada hiroshi con ji-n no dengon: burakusabetsu no rekishi (Japanese Edition)

第二次大戦後の日本は世界一流の経済大国、教育大国を誇る平和国家の仲間入りを果たしました。すべてが順調に進んでいるように見えます。しかし国内的には各種の負の遺産を抱えています。その一つに部落問題があります。今回はその問題を日本が誇るYAP遺伝子をもつジーン君の伝言で正しい知識を学んでいきたいと考えています。
YAP遺伝子とは日本人男性の持つ特異な遺伝子です。寛容性と受容性に優れた親切遺伝子とも言われています。その親切遺伝子を持つ日本人には部落差別という古代の身分差別に端を発する人権を大きく揺るがす差別の歴史を持っています。誠に悲しいことです。最近でこそ行政の支援策で解消に向かいつつあります。しかしまだ根深い差別意識が残って居る事は否定できません。
部落差別の歴史を辿っていきますと色々な差別起源説があります。古代起源説、中世起源説、近世起源説、明治起源説などです。或いは職業起源、宗教起源、異民族起源などもあります。しかし決定的に支持されている説はありません。調べると確かに諸説とも間違いではありません。一方、時代によってはその実際の差別の形態が変化をしています。その為に確定できないのです。
遡れば、古代ヤマト政権が誕生した頃には既に奴婢がいました。五色の賤と呼ばれる身分制度もありました。中世になると穢多や非人という言葉も生まれました。江戸時代になると士農工商の身分制度が出来たとされています。そしてその下に穢多・非人の階級がいたとの説もあります。それも疑問があります。決定打ではありません。明治維新に入ると賤民解放令が出ました。しかしその後に作られた全国的な壬申戸籍によって解放令も全くの形式的な効果しか及ぼさなかったと言われています。実に古代から1500年近くに亘り差別の歴史を持ち解決していないのが部落差別の歴史です。
明治の解放令によって国としての身分差別を廃止しました。しかしその差別は身分差別から部落差別と名を変え続きました。部落に住むこと自体が差別の対象になりました。第二次大戦後において本格的に部落問題の解決が図られました。昭和44年に出された同和対策事業特別措置法です。その法律で実に15兆円の多額な対策費が投入されました。
政府声明だけでなく始めて具体的な施策が展開されました。そのお陰で部落問題の多くは解決したと言われています。劣悪な環境に閉じ込められてきた部落民は住環境、就業、教育分野において画期的に改善されました。唯一残ったのが結婚差別と言われています。実はそれが一番厄介な差別かもしれません。
日本独特の血の繋がりを拘る差別が完全に解消されて居ません。今後の問題です。そして戦後の莫大な対策費に群がる同和利権が新たな問題として現れました。その利権にはヤクザも関係しました。多くの差別は無くなりましたが新たな心配材料もあります。人間には深層心理に浸み込んだ偏見の除去の難しさと差別を利用する団体の闇をジーンの伝言を通して解明しようと試みたのが本書です。